Vol. 3: 信濃路自然遊歩道

はじめてのトレッキングにも最適。紅葉・氷柱…自然いっぱいのネイチャーウォーキング

今回ご紹介するのは北軽井沢・峰の茶屋から旧軽井沢までを結ぶ「信濃路自然遊歩道」。全行程約10kmと聞くと体力に自信のない人はちょっと身構えてしまいそうな距離です。しかし、峰の茶屋方面から進めば道のりのほとんどは下り坂。しっかり休憩を取って、自分のペースを守れば半日程度で歩けるはず。トレッキング初心者でも安心して楽しめるロングコースです。

峰の茶屋から雑木林のトンネルを約1時間15分ほど歩くと、最初の休憩ポイント白糸の滝に到着します。滝周辺にはカエデやシラカバなどの広葉樹も多く、10月下旬からは燃えるような紅葉を、12月〜3月には滝入口に高さ5m、幅30mの氷柱も見ることができます。白糸の滝を出て、竜返しの滝近くまではせせらぎに沿ったさわやかなコースが続きます。その昔、朽ち木を頼りに滝を登ろうとした大蛇が力尽き滝壺に飲まれたという故事をもとにそう呼ばれるようになったという竜返しの滝は、コースから15分ほどの距離。余裕があれば、その神秘的な雰囲気が漂う景色を一度のぞいてみてはいかがでしょうか。

竜返しの滝近くから、小瀬温泉、軽井沢レクの森を通って旧軽井沢の三笠までは2時間ちょっと。途中の小瀬温泉まではアップダウンの大きな道もあるのでペースを崩さないように注意しましょう。体力的にコースの最後まで進むのが難しいと思ったら、白糸の滝、竜返しの滝、小瀬温泉からバスも利用できます。決して無理はしないように。

紅葉に川のせせらぎ、たくさんの緑と軽井沢の魅力がいっぱいに詰まった信濃路自然遊歩道。秋におすすめのトレッキングコースです。

WALKING DATA

峰の茶屋まで…JR軽井沢駅から草軽交通バス北軽井沢行き、または西武高原バス草津行きで約30分。峰の茶屋バス停下車。

難易度の低いコースとはいえ山歩き、靴・雨具・防寒具・食料など、それなりの装備を整えてお出かけください。